セレンとは何?

セレンとはミネラルに分類される栄養素の一種です。体内でビタミンCやビタミンEと同様に酸化を防ぐ働きをしており、がんや心筋梗塞の予防の効果が認められています。

 

セレンの不足と過剰摂取には注意する必要があります。セレンが不足すると、発ガンのリスクが高まることが指摘されています。しかし、現代日本においては不足することはまずないため、過剰摂取にこそ注意する必要があります。

 

そのリスクとしては、爪の変形・脱毛・下痢・皮膚障害、果てには心筋梗塞や神経障害などが挙げられます。

 

スポンサードサーチ

セレンの栄養や効果

セレンは必須ミネラルの一つであり、体内でのたんぱく質構成をするためにも必要な栄養成分です。過酸化脂質分解時に必要な酵素としても活躍するので、エイジングにも役立つ効果を秘めています。

 

期待ができる働きは、健康維持へのサポートに老化予防がメインです。男性にとっては精子を増やすことにもなります。年齢を重ねるごとにあらゆる病気共隣り合わせになりやすいですが、セレンの適度な摂取は、がんを予防するためにも一役かるのも利点です。

 


セレンを多く含む食品

老化防止に役立つセレン。その効果や栄養と気になる毒性について

ビタミンEと同じく抗酸化作用を持つ成分セレンはミネラルの中の必須微量元素の一つです。

 

セレンを多く含む食品としては
まぐろ
イワシ
イカ
干しエビ

など魚介類が挙げられるため、島国の日本人には不足する心配はそれほどないでしょう。
牛肉や卵・豆類にも入っています。

 

ただ、1日に必要な量と過敏症となる量の差がとても小さいため取りすぎには注意です。セレンを多く含む食品を毎日のように過剰に摂取していると、頭痛や下痢・嘔吐・腎不全といった症状が現れることがあります。


セレンには毒性があるの?

ビタミンEと同じように抗酸化作用の強い成分・セレンですが、若返りのためにと大量に摂取しすぎるのは危険です。

 

こちらの成分は古くから毒性が強い元素として知られていたのです。とはいえ、必須の微量元素のためいくらかは取らなければなりません。

 

藻類や魚介類・肉類・卵黄などに豊富に含まれているため食材から摂取する方が多いでしょうが、サプリメントで摂取する際には特に気をつけてください。
必要量と中毒量の差がとても小さいのでちょっとでも多く摂取していると爪の変形・脱毛・下痢・疲労感など症状が出てきてしまいます。

スポンサードサーチ

関連ページ

ポリフェノールの効果や安心できる摂取量は?老化予防に最適は本当?
ポリフェノールの効果や安心できる摂取量はや摂取の目安、妊婦が摂取しても安心か?などについて
カテキンで老化予防!カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類
カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類、ペットボトルのお茶でも効果はあるのか?カテキンで老化予防に役立つ知識をご紹介
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について。セサミンの一日の摂取量は?
カロテノイドの効果や効能、カロテノイドを含む野菜について
カロテノイドの効果や効能、カロテノイドを含む野菜について。またカロテノイドには危険性はあるのでしょうか?
若返りに期待はできる?ルチンの効果や摂取量について
若返りに期待はできる?ルチンの効果や摂取量について。またルチンはどんな食品から摂取できるのでしょうか?
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について。βカロテンを多く含む野菜や過剰摂取について。
ジャムにも利用されるペクチンの美容効果や危険性について
ジャムにも利用されるペクチンの美容効果や危険性について
老化防止を願う美白したい女子におすすめリコピンの効果や摂取量など
老化防止を願う美白したい女子におすすめリコピンの効果や摂取量など
ミネラルの栄養や効果とは何か?ミネラルと肌との関係でわかる老化防止策
ミネラルの栄養や効果とは何か?ミネラルと肌との関係でわかる老化防止策について
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材など
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材なのでしょうか?
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方は?