ルチンの効果や効能

ルチンには、生活習慣病を予防する効果や血圧降下作用があります。また血管を修復して、血流をよくする、血液の流れを良くする効果もあります。そのためルチンは脳卒中や動脈硬化などの防止につなげられます。

 

抗酸化作用もあり、肌の老化予防という効能を得ることも可能です。冷え性や肩こりへの効果も期待されるため、このような症状でお悩みの方にはルチンが含まれているそばを積極的に食べていただきたいです。

 

スポンサードサーチ

ルチンに副作用はある?

ルチンは過剰にとりすぎた場合でも、余ったぶんは体の外に出て行きます。一応1日あたりの推奨摂取量は30mgと言われていますものの、たくさん取りすぎたところでそれは尿などで排出されてしまうのです。

 

ちなみに一食分の蕎麦を取れば十分30mgは摂取できます。実際ルチンの摂取しすぎによる副作用などは報告されていないので、問題はありません。

 

あまりにも常識を超えて大量かつ一度に多くを摂取した場合でなければ、大丈夫です。

 

ルチンはどんな食品で摂取すれば良い?

若返りに期待はできる?ルチンの効果や摂取量について

ルチンはビタミンPとも呼ばれていますsが、抗酸化作用が高いことで知られています。アンチエイジングに多大の効果が期待でき、生活習慣病を予防する上でも重要視されている成分です。

 

このルチンを多く含む食品としては
アスパラガス
トマト
ホウレンソウ
ブロッコリー

などがあげられます。

 

また蕎麦にも多量に含まれ、蕎麦をよく食べる人は脳溢血になりにくいと言われているほどです。蕎麦のなかでも韃靼蕎麦は一般的な蕎麦と比べて100倍もの含有量があって、効率よくルチンの接種が可能となっております。


スポンサードサーチ

関連ページ

ポリフェノールの効果や安心できる摂取量は?老化予防に最適は本当?
ポリフェノールの効果や安心できる摂取量はや摂取の目安、妊婦が摂取しても安心か?などについて
カテキンで老化予防!カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類
カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類、ペットボトルのお茶でも効果はあるのか?カテキンで老化予防に役立つ知識をご紹介
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について。セサミンの一日の摂取量は?
カロテノイドの効果や効能、カロテノイドを含む野菜について
カロテノイドの効果や効能、カロテノイドを含む野菜について。またカロテノイドには危険性はあるのでしょうか?
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について。βカロテンを多く含む野菜や過剰摂取について。
ジャムにも利用されるペクチンの美容効果や危険性について
ジャムにも利用されるペクチンの美容効果や危険性について
老化防止を願う美白したい女子におすすめリコピンの効果や摂取量など
老化防止を願う美白したい女子におすすめリコピンの効果や摂取量など
ミネラルの栄養や効果とは何か?ミネラルと肌との関係でわかる老化防止策
ミネラルの栄養や効果とは何か?ミネラルと肌との関係でわかる老化防止策について
老化防止に役立つセレン。その効果や栄養と気になる毒性について
老化防止に役立つセレン。その効果や栄養と気になる毒性について
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材など
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材なのでしょうか?
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方は?