リコピンの効果や効能

リコピンの効果や効能としては、まず高い抗酸化力が挙げられます。これによって血糖値を下げるような効果を期待することが出来ます。

 

成人病の代表格である動脈硬化を防止するという事も期待出来ますし、老化の防止も期待されるところがあります。活性酸素は体内で細胞を攻撃する働きをすると考えらていてこれが老化などにも影響していると考えられるのですが、これをリコピンの働きで抑えることが出来ると考えらるのです。

 

また、喘息の改善、美白についても期待されています。


スポンサードサーチ

美容のためのリコピン1日の摂取量はどれぐらいとればいい?

健康成分「リコピン」は肌などの美容にも効果的と言われています。トマトに多く含まれていることで有名です。リコピンは強い抗酸化作用があり、老化や生活習慣病の予防におすすめなのです。

 

1日の摂取量は15〜20mgが目安です。生食用トマトでは約3mg、加工用トマトでは約9mg含まれています。たっぷり摂りたい人は、トマトジュースやトマトソースを活用して上手に摂り入れましょう。

 

加工用の方が多く含まれているので、毎日のお料理に積極的に使って美肌を目指してください。

 

リコピンは熱に弱い?熱に強い?

トマトの代表的な栄養素といえば「リコピン」です。リコピンには抗酸化作用があり、悪玉コレストロールの酸化を防止するため、血液の流れを良くすることがわかっています。

 

気になるのは、熱が加わると成分が失われてしまうのかどうか、ということでしょう。
じつはリコピンは熱に強いので、炒めたりなどして調理しても、成分が失われることはほとんどありません。むしろ油と一緒に摂取することで、吸収率は高まるといわれています。

 

トマト嫌いな人のためのリコピンの摂取方法は?

トマトに多く含まれているリコピンという成分にはむくみ解消や便秘解消などのダイエット効果、ニキビを改善し肌のキメを整える美容効果などがあるといわれています。しかし中にはトマトが苦手な人もいると思います。

 

スイカやピンクグレープフルーツ、柿などの食品にもリコピンが多く含まれているのでトマト以外から摂取することも可能です。

 

リコピンはカロテノイドという色素のひとつです。そのため赤いパプリカや人参などの色が赤やオレンジの野菜にも含まれています。1日の摂取量の目安は15gです。毎日のメニューを工夫していろいろな食品から上手に栄養を取り入れましょう。

スポンサードサーチ

関連ページ

ポリフェノールの効果や安心できる摂取量は?老化予防に最適は本当?
ポリフェノールの効果や安心できる摂取量はや摂取の目安、妊婦が摂取しても安心か?などについて
カテキンで老化予防!カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類
カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類、ペットボトルのお茶でも効果はあるのか?カテキンで老化予防に役立つ知識をご紹介
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について。セサミンの一日の摂取量は?
カロテノイドの効果や効能、カロテノイドを含む野菜について
カロテノイドの効果や効能、カロテノイドを含む野菜について。またカロテノイドには危険性はあるのでしょうか?
若返りに期待はできる?ルチンの効果や摂取量について
若返りに期待はできる?ルチンの効果や摂取量について。またルチンはどんな食品から摂取できるのでしょうか?
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について。βカロテンを多く含む野菜や過剰摂取について。
ジャムにも利用されるペクチンの美容効果や危険性について
ジャムにも利用されるペクチンの美容効果や危険性について
ミネラルの栄養や効果とは何か?ミネラルと肌との関係でわかる老化防止策
ミネラルの栄養や効果とは何か?ミネラルと肌との関係でわかる老化防止策について
老化防止に役立つセレン。その効果や栄養と気になる毒性について
老化防止に役立つセレン。その効果や栄養と気になる毒性について
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材など
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材なのでしょうか?
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方は?