ペクチンとは一体どんな作用をもつの?

ジャムにも利用されるペクチンの美容効果や危険性について

ペクチンは、主に果物の皮、種子などに含まれる食物繊維の一種で、植物や果物と細胞を繋ぎとめる役目をします。水に溶けると粘性を持ち、粘りなどを持たせます。

 

一般的に目にするものとしては天然のジャムなどが良い例です。人が体に取り入れると、コレステロール値を押さえ動脈硬化の予防に役に立ったり、血糖値の上昇をおさえる効果が期待できます。

 

またペクチンは水溶性食物繊維のため、腸内環境を整え便秘を解消する効果も期待できます。


スポンサードサーチ

ペクチンの効果

ペクチンは果物などに含まれている成分で、ゼリーやジャムなどを固める性質があります。こうした効果が整腸作用などの効能を発揮してくれます。

 

水分を取り込んでいくことができるので、その際に老廃物などを取り込んで排出することにつながります。腸の状態が整うと、吹き出物などの肌トラブルも減少していきますから、綺麗な肌を保ちやすくなるのです。

 

便秘による肌荒れを感じている方は積極的にペクチンを含む食品をとってみましょう。

 

勘違いしてるかも?ペクチンの危険性

ジュースなどに含まれる食品添加物のペクチンですが、独特の食感を生み出し、コレステロールなどを抑えて腸内環境を良くしてくれるということで良いものだと思われています。しかし、植物由来の食品添加物なので、もとの食べ物がどのようなものかということが重要になってきます。

 

たとえば毒性の高い農薬が使われていた時、そこからペクチンを抽出するとなれば、無農薬でつくったジャムなどにも実は農薬が入ってしまうことがあります。

 

添加物としてのペクチンは美容、健康の効果なし

ペクチンは食物繊維の一種であり、海藻類や果物、野菜などに豊富に含まれていますので身体に良い成分だという認識が強いのですが、食品添加物として含まれている場合には効能や効果が得られません。

 

ただし、摂取することで毒性が発生するようなこともありませんので、安全性に優れた食品添加物だと言えます。実際にどのように使われているのかというと、ジャムやゼリーを固めるゲル化剤として含まれていたり、ジュースやソースにとろみをつける増粘剤として用いられています。

スポンサードサーチ

関連ページ

ポリフェノールの効果や安心できる摂取量は?老化予防に最適は本当?
ポリフェノールの効果や安心できる摂取量はや摂取の目安、妊婦が摂取しても安心か?などについて
カテキンで老化予防!カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類
カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類、ペットボトルのお茶でも効果はあるのか?カテキンで老化予防に役立つ知識をご紹介
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について。セサミンの一日の摂取量は?
カロテノイドの効果や効能、カロテノイドを含む野菜について
カロテノイドの効果や効能、カロテノイドを含む野菜について。またカロテノイドには危険性はあるのでしょうか?
若返りに期待はできる?ルチンの効果や摂取量について
若返りに期待はできる?ルチンの効果や摂取量について。またルチンはどんな食品から摂取できるのでしょうか?
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について。βカロテンを多く含む野菜や過剰摂取について。
老化防止を願う美白したい女子におすすめリコピンの効果や摂取量など
老化防止を願う美白したい女子におすすめリコピンの効果や摂取量など
ミネラルの栄養や効果とは何か?ミネラルと肌との関係でわかる老化防止策
ミネラルの栄養や効果とは何か?ミネラルと肌との関係でわかる老化防止策について
老化防止に役立つセレン。その効果や栄養と気になる毒性について
老化防止に役立つセレン。その効果や栄養と気になる毒性について
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材など
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材なのでしょうか?
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方は?