ミネラルの栄養や効果とは何か?

ミネラルの栄養や効果とは何か?ミネラルと肌との関係でわかる老化防止策

ミネラルといえば、直訳すれば鉱物のことではありますが、それとは違って人間の身体に必須の栄養成分としてもおなじみの存在でもあります。

 

そんなミネラルに含まれるおもな種類としては鉄やカルシウム、亜鉛やマグネシウム、ナトリウムなどがあり、その効果や働きとしては、抗酸化酵素を生み出すことで活性酸素の発生を抑制し、老化や病気予防などを期待することができます。
他にも代謝機能の向上やビタミン活性化、細胞浸透圧作用の保持など、人間にとって大切かつ重要な働きを担っています。


スポンサードサーチ

ミネラルと肌の関係

美肌のために積極的にビタミンを摂取するという人は多いですが、ミネラルも肌にとって大きな影響力を持っていることは意外と知られていないかもしれません。

 

ミネラルは健やかな体作りに欠かすことができない重要な栄養素であり、不足すると疲労感や倦怠感を引き起こし、ホルモンのバランスが乱れることにもつながります。

 

それによって肌の代謝が落ちてしまい、乾燥やたるみ、しわの原因となり、ミネラルと肌の関係は密接だといえます。

 

 

摂取したいミネラル豊富な食べ物や食品

ミネラルにはカルシウムや鉄、亜鉛などが含まれます。この中でもカルシウムは充分に摂取しておかないと骨粗しょう症になる危険性があるため、ミネラル豊富な食べ物や飲料から日常的に摂ると良いでしょう。

 

カルシウムが豊富に含まれている食べ物には小魚やチーズ、ヨーグルトなどがあります。飲料では牛乳がおすすめです。

 

また、鉄分は不足すると貧血になってしまうのでレバーや貝類をしっかり食べて摂取しましょう。亜鉛は欠乏症になると傷の治りが遅くなったり免疫機能の低下などが起こります。

 

カキやホタテ、豚レバーなどを食べて補給を心がけることをおすすめします。

 


ミネラル不足の症状

食生活の中でミネラルを意識した食事が出来ているでしょうか。ミネラル不足に陥ると、想像している以上にいろんな症状が出てきます。筋肉や神経などの体の動きを調整してくれる成分でもありますから、時々足がつることもあります。

 

また、美容面でも様々な影響が出てきます。肌が荒れやすくなったり、紫外線ダメージなどの回復が遅くなりますし、髪の毛もぱさぱさになったりといいことはありませんので、一度はミネラル不足になっていないか見直しましょう。

スポンサードサーチ

関連ページ

ポリフェノールの効果や安心できる摂取量は?老化予防に最適は本当?
ポリフェノールの効果や安心できる摂取量はや摂取の目安、妊婦が摂取しても安心か?などについて
カテキンで老化予防!カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類
カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類、ペットボトルのお茶でも効果はあるのか?カテキンで老化予防に役立つ知識をご紹介
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について。セサミンの一日の摂取量は?
カロテノイドの効果や効能、カロテノイドを含む野菜について
カロテノイドの効果や効能、カロテノイドを含む野菜について。またカロテノイドには危険性はあるのでしょうか?
若返りに期待はできる?ルチンの効果や摂取量について
若返りに期待はできる?ルチンの効果や摂取量について。またルチンはどんな食品から摂取できるのでしょうか?
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について。βカロテンを多く含む野菜や過剰摂取について。
ジャムにも利用されるペクチンの美容効果や危険性について
ジャムにも利用されるペクチンの美容効果や危険性について
老化防止を願う美白したい女子におすすめリコピンの効果や摂取量など
老化防止を願う美白したい女子におすすめリコピンの効果や摂取量など
老化防止に役立つセレン。その効果や栄養と気になる毒性について
老化防止に役立つセレン。その効果や栄養と気になる毒性について
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材など
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材なのでしょうか?
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方は?