カロテノイドの効果や効能とは?

トマトのリコピンや人参のβ‐カロテンなどのカロテノイドには活性酵素を消し去る効果、効能があります。特にサケやエビ、カニなどに多く含まれるアスタキサンチンと呼ばれるカロテノイドには、活性酸素を消去する作用が強いといわれています。

 

活性酸素は老化の原因となったり、疲労の原因となったりする物質であるため、カロテノイドにはアンチエイジング作用や疲労回復の効果があることがわかります。またそれに加えて自律神経のバランスを整える効果もあります。


スポンサードサーチ

カロテノイドを含む野菜の種類について

カロテノイドは自然界に約600種類存在すると言われており、黄色や橙、赤色などを示す天然色素の一群になります。微生物や動物、植物などに含まれており、人々が一般的に食事として摂取するカロテノイドは50から60種類と言われているのです。

 

カロテノイドを含む果物や野菜の種類としてはトマトやニンジン、ほうれん草やかぼちゃなどが有名であり、病の予防効果なども期待されています。緑黄色野菜や果物には多く含まれているものも多くなっています。

 


 

カロテノイドに危険性はあるの?

カロテノイド色素とは食品添加物の一つであり、原料であるカロテノイドは動植物や微生物などから抽出されています。天然由来のものなのですが、全く危険性がないというわけではありません。

 

カロテノイド色素の一つであるアナトー色素はベニノキの種子から作られますが、このベニノキの栽培地が水銀に汚染されているという可能性もあります。また、天然抽出物だけでは量が足りない場合、合成化合物が混ぜられることもありますし、発がん性が指摘されています。

 

さらに、コストを削減するために遺伝子組み換えの原料などを使っている場合、染色体異常などの危険性が高まってしまいます。

 

 

注意しておこう!カロテノイドとカロテノイド色素は別物!

カロテノイドとは、動植物に存在する赤・橙・黄色の脂溶性色素です。人参に含まれるβ‐カロテンやトマトに含まれるリコピンなどがあります。一方、カロテノイド色素は食品添加物の1つである着色料になります。

 

カロテノイド色素には700以上の種類があり、食品や化粧品などの着色に用いられています。食品添加物なので体への影響があるのではと考える人もいると思いますが、摂取量が定められているのでその範囲内であればさほど心配する必要はありません。

スポンサードサーチ

関連ページ

ポリフェノールの効果や安心できる摂取量は?老化予防に最適は本当?
ポリフェノールの効果や安心できる摂取量はや摂取の目安、妊婦が摂取しても安心か?などについて
カテキンで老化予防!カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類
カテキンの効果やカテキンの多いお茶の種類、ペットボトルのお茶でも効果はあるのか?カテキンで老化予防に役立つ知識をご紹介
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について
セサミンで劣化予防は可能?セサミンの効能効果や副作用について。セサミンの一日の摂取量は?
若返りに期待はできる?ルチンの効果や摂取量について
若返りに期待はできる?ルチンの効果や摂取量について。またルチンはどんな食品から摂取できるのでしょうか?
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について
βカロテンを摂取することで若返りに期待!効果や1日の摂取量について。βカロテンを多く含む野菜や過剰摂取について。
ジャムにも利用されるペクチンの美容効果や危険性について
ジャムにも利用されるペクチンの美容効果や危険性について
老化防止を願う美白したい女子におすすめリコピンの効果や摂取量など
老化防止を願う美白したい女子におすすめリコピンの効果や摂取量など
ミネラルの栄養や効果とは何か?ミネラルと肌との関係でわかる老化防止策
ミネラルの栄養や効果とは何か?ミネラルと肌との関係でわかる老化防止策について
老化防止に役立つセレン。その効果や栄養と気になる毒性について
老化防止に役立つセレン。その効果や栄養と気になる毒性について
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
男性、女性、子供に必要な亜鉛の効果や摂取量目安。亜鉛不足は危険なので注意!
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材など
アリシンは肌や老化にどんな効果や栄養を持つ?アリシンを含む食材なのでしょうか?
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方
美容に良いと話題のカカオの効果や効果的な食べ方は?