肌の劣化を止めるために必要な美容成分

セラミド

セラミドは角質層で脂質や水分を蓄える細胞間脂質といわれる物質です。肌のみずみずしさをたもつ成分ですから、量が減少すると乾燥やシワ、たるみを招いてしまいます。セラミドを増やすには経口摂取と化粧品などを使って外側から浸透させていく方法があります。

 

 

プラセンタ

プラセンタとは胎盤のことで、摂取すると自然治癒力が向上したり、ホルモンの分泌促進します。主な成分は各種アミノ酸やビタミン、酵素などで、活性酸素を体内から取り除く効果があるため、酸化による老化現象を防止してくれます。プラセンタの摂取方法は、サプリメントや化粧品、注射があります。

 

 

プラセンタ注射は、豚や馬などのプラセンタを使っているわけではなく、ヒトプラセンタが使われています。このヒトプラセンタの注射を1回でもすると献血が二度とできなくなるので、もしもプラセンタ注射をしようと考えるのであればよく考えて摂取した方が良いです。(臓器提供も)

 

なぜ、ヒトプラセンタ注射を受けると、献血が受けれなくなるのかというと、「ヤコブ病」という病気にかかりやすい。からではありません。ヒトプラセンタの注射を受けてもヤコブ病にかかる可能性は低いのですが、もしも感染していた場合、ヤコブ病の検査、検出がまだ完璧にできない。ということから献血や臓器提供ができないのです。

 

輸血によるヤコブ病感染の症例が3例ほどあるのですが、その検出がまだ研究段階なので検出が可能になれば、献血や臓器提供の制限も変わってくるかもしれないですね。ちなみに、私は何度かプラセンタ注射を受けてます。
医師の話でもヤコブ病にかかるから献血はできないわけではないとの説明を受けて安心して注射を受けてました!

 

クリニックによるのですが、1アンプル1000円ほどです。更年期障害や肝機能低下による治療目的であれば保険適用が可能ですが、摂取できるアンペアスが決まってます。

 

 

 

イソフラボン

イソフラボンとは大豆に含まれる抗酸化物質の一種で、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをします。エストロゲンには肌を美しく保つ作用があるため、イソフラボンを摂取することで肌を老化から守ることができます。さらに骨粗鬆症や生活習慣病を防止するのにも役立ちます。イソフラボンは大豆製品に豊富に含まれているため、豆乳や豆腐、納豆を食べることでイソフラボンを摂取することができます。

 

 

コラーゲン

コラーゲンは人間の体の中のおよそ3割を占めているタンパク質で、肌だけでなく髪や爪を健康で美しく保つために欠かせない成分です。肌に弾力を与えたり水分を保持する役割を担っているため、不足すると弾力性や保水力が減少し、たるみやシワに繋がってしまいます。コラーゲンを増やすためには、材料であるたんぱく質やアミノ酸を食事やサプリメントから摂取する方法があります。また化粧品によって外部から補給するのもいいですし、ピーリングをしてからコスメを使うとより効果があるともいわれています。

 

 

 

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

関連ページ

年齢肌対策、改善ってどうやってるの?
年齢肌対策や年齢肌改善ってどうやれば良いのでしょうか?なんとなくびように良さそうなことをしてれば良いんかな?という程度であれば必見です!
老化と炎症に関係性が?年齢肌炎症のホントのところ
年齢肌の炎症ってご存知ですか?実はこの肌炎症も老化に関係してきます。肌に炎症がおこると肌が衰えてきますので注意が必要です。
年齢肌に良い化粧品の選び方
年齢肌に良い化粧品の選び方について解説しています。年齢肌に良い化粧品は高級な化粧品でなければいけないなんて思っていたらそれは違うんです。
肌年齢が上がってる?年齢肌のためのファンデーション選び
肌年齢が上がってる?年齢肌のためのファンデーション選び
とにかく乾燥は敵!保湿不足が若々しさを奪ってる!
とにかく乾燥は敵!保湿不足が若々しさを奪ってるというのは今や常識。でも保湿化粧品を使っても乾燥してしまう・・・その乾燥が肌劣化を招いてしまうとしたら必死でケアしますよね?
どの部分が実年齢より上に見られてしまう要因?
どの部分が実年齢より上に見られてしまう要因なのでしょうか?これがわかれば、実年齢よりも若く見えるようになる?!