老化を止める食べ物はこれを意識して摂取するといい!

基本的にバランスの良い食事をすることが一番なのですが、できれば体の酸化を防いで老化防止できる食品を積極的に取りたいですよね?ここでは、体の酸化や錆びを防ぐことのできる抗酸化作用を持つ食材を紹介していきます。

 

 

スポンサードサーチ

抗酸化作用を多く含む食べ物で老化を防ぐ!

人間は呼吸することで体内に吸収した酸素を使ってエネルギーを作り出していますが、その際に活性酸素も生み出しています。この活性酸素はストレスやタバコ、加齢によって増えると考えられていますが、細胞を傷つけるため生活習慣病を悪化させたり、老化を進めたりする作用があります。

 

老化を止める食べ物はこれを意識して摂取するといい!

 

活性酸素を抑える働きをもつのが抗酸化物質で、食品から体内に摂取することで老化防止効果をもたらしてくれます。抗酸化物質の代表としてはポリフェノールやカテキン、セサミンが挙げられます。

 

ポリフェノールは赤ワインやカカオに含まれる物質で、1992年にフランス人科学者によってはじめて抗酸化作用が指摘されました。カテキンは緑茶に含まれる物質で、血圧の上昇を抑える作用や血中のコレステロールを調整する作用もあるといわれています。

 

セサミンはゴマに含まれる物質で、肝機能向上や抗ガン効果を主張する研究者も存在します。

 

抗酸化作用を含む身近な食材

トマト・アボカド・バナナ・緑黄色野菜(とくにニンジン)・大豆製品・アーモンドやナッツ・生姜、アサイー・ゴマ・緑茶・鮭など

 

 

糖化を防ぐ食べ物で老化防止

老化の原因となる糖化とは、食事などで摂取した糖質が体内のタンパク質と結びついて、細胞などを劣化させてしまう現象のことをいいます

 

老化を止める食べ物はこれを意識して摂取するといい!

 

糖化を防ぐには、糖質の吸収を抑えて余分な糖質が無い状態にしておくことが重要になります。食物繊維が豊富な野菜やキノコ類などをご飯やパン、麺類などの炭水化物を食べる前に摂取しておくと糖の吸収を抑制することができます。

 

野菜といっても糖質が多いジャガイモやカボチャよりもキャベツやキュウリ、モヤシといった野菜がおすすめです。また、主食であればご飯類やパン類よりも蕎麦の方が血糖値の上昇が緩やかなので、糖化を防ぐことにつながります。

 

糖化を抑えるおすすめ食材

ゴボウ・キノコ類・蕎麦・キュウリ・キャベツ・モヤシ・めかぶ・プルーンなど

 

 

GI値の低い食べ物のが老化を防ぐために良い?

GI値とは食後の血糖値の上昇をします数値のことで、GI値の低い食べ物は老化を防ぐ効果があると言われています。GI値の高い食べ物は糖質量が多く、糖分を摂りすぎると肌のシワやくすみ、また、シミ等になってしまうことから、GI値の低い食べ物を選ぶことで老化を防ぐことが出来ると考えられています。

 

 

年齢とともに感じるのが老化ですので、糖質をとり続けてしまうと、体内に蓄積されてしまって老化のスピードも速くなってしまいます。では、老化を遅らせるためにも
どのような食材を選べばいいのか気になるところですが、例えば、白米よりも玄米、玄米よりも全粒粉パンがGI値は低いと言われています。

 

 

これは、食物繊維やミネラルが残っているからです。また、酢や豆類、食物繊維、乳製品、豆類は、他の食品のGI値を下げる効果があると言われているので、合わせて摂ることを心掛けると良いでしょう。ぜひこれらの食材を食べて、老化を防いで元気な人生を楽しみたいものです。

 

ビタミンEやCを多く含む食べ物

年を取ると老化が気になりますよね。ビタミンCには疲労回復の効果がありますが、老化の速度をコントローすることも可能です。

 

ビタミンCを手軽に取るには、フルーツが身近ですよね。フルーツの中でもベリー類は、美肌効果も含まれるので、ベリー類の摂取を積極的に行うと効果的です。また、生姜にも抗酸化作用があり、生よりも粉末の方が健康面での効果も期待できます。

 

老化を止める食べ物はこれを意識して摂取するといい!

 

若返りに必須の栄養素にはビタミンCだけでなく、ビタミンEも人気です。ビタミンEには血行促進の効果があります。ビタミンEが多く含まれるアーモンドには脳の機能を高めてくれるさ王もあります。

 

 

ただ、アーモンドは脂質が多いので食べ過ぎには注意する必要があります。

 

糖質の吸収を緩やかにする食べ物

糖質というのはエネルギーの源なのでしっかりと補給してあげたほうがいいのですが、過剰に摂取してしまうと血糖値が上昇してしまったり、血液の状態を悪くしてしまうので血液の流れが悪くなってしまって老化の原因になったり、血管を劣化させてしまう原因にもなってしまいます。

 

老化を止める食べ物はこれを意識して摂取するといい!

 

糖質は生きていくために重要な栄養素です。糖分というとお菓子やジュースを思い浮かべてしまう人も多いかもしれませんが、主食である白米や麺類、パンなどに多く含まれている炭水化物こそが糖質の塊になります。

 

 

しっかりと食べながら、糖質が身体に急激に吸収されて血糖値が上がり過ぎないようにするためには、食事の時に野菜を最初に食べることが大切です。野菜を食べることで糖質の吸収を穏やかにしてくれて老化なども防いでくれる効果が期待できます。

 

スポンサードサーチ

関連ページ

そもそも老化とはいったい何?!
そもそも老化とはいったい何?!老化ってじっくり考えれば考えるほどなんだか奥深くなってしまって、さっぱりになってしまうのは私だけでしょうか(笑)そもそも老化現象って一体・・・
加齢を止める薬が実はすでにできていた!?
加齢を止める薬が実は存在しているのをご存知でしょうか?さらにTAM-818という老化を止める物資もあるとか!とてもすごい発見ですが・・・どのような状態なのか、詳しく見てみたいと思います!
老化に繋がってしまう食べ物の種類
老化に繋がってしまう食べ物があるのをご存知ですか??知らずのうちに、老化する食べ物や肌や体が劣化していく食べ物を食べ続けているなんて恐ろしいですよね・・
老化を止めるホルモン?!ホルモンと老化の関係性について
老化とホルモンの関係性について。ホルモンと老化の関係がわかると、老化を促進している原因や老化を予防することにも繋がりますので、必見です。
老け込むのを止めるためにできる補助食品(サプリ)の取り方
老け込むのを止めるためにできる補助食品(サプリ)の取り方をご紹介。あくまでも食事で老化防止を行いつつ、足りない部分をサプリで補うという認識でいるようにしてください!食事はまともにせずに、サプリ中心は体に不調をきたす可能性がかなり高いのでNGです。
老化を止めるために必要な運動、不要な運動
老化を遅らせる、止めるために適度な運動は不可欠なのですが、適した運動があるのをご存知ですか??間違った運動を行うことで、老化促進してしまわないように注意が必要です。
老化を止める脳の使い方で若返りを狙う!
脳って大事ですよね?考え、使い方一つで老化を促進してしまうこともあります。若返りを狙うなら脳の使い方にも注意してください!
老化を止めるために行うある制限とは
老化を遅らせる、止めるために実はある制限が必要となります。若い頃と同じような生活ではなく、年齢に応じた生活、制限が必要となる場合もありますので、ここでお話していきたいと思います。